皆さんは今、恋愛していますか?

 

恋をするとお肌が綺麗になる、という話しはよく耳にしますよね
実は医学的にもしっかりと証明されてるんです!

 

恋はお肌の1番の美容液、そんなメカニズムを一緒にみていきましょう!

 

どうしてお肌が綺麗になるの?

恋をしてその人のことを考えるとドキドキしたり、デート楽しみだなってウキウキすると、快感を感じさせるドーパミンや、幸せな気分や癒しを感じるためのセロトニンといった物質が活発に分泌されます。

 

このような物質が分泌されると、脳内は幸せな気分で満たされた状態になり、その影響によって女性ホルモンの一種であり美肌ホルモンとも言われているエストロゲンの分泌が活性化されます。

 

エストロゲンはコラーゲンが作り出されることをを促す作用を持つので、肌にハリとツヤが出てきて、細胞1つ1つに潤いが出てくる効果もあります。

 

恋をするとお肌にハリがでて美しくなるというのは、単なる噂でも思い込みでもなく、このようなメカニズムに則っているのです。

 

美肌になる、恋愛ホルモンとは

 

私たちの体内では普段から様々なホルモンが分泌されていますが、恋をすることによって、さらに多く分泌されるホルモンがあります。
その中でも先ほど少し出てきたような、美肌に影響を与えるホルモンを詳しくご紹介しますね!

 

・PEA

恋に落ちた時のあのドキドキ感には、PEA(フェニルエチルアミン)というホルモンが大きく関係しています。

 

恋に落ちた頃といえば、きっと多くの方が、ドキドキ、ワクワウ、そのような感じだと思います。
胸が高鳴っている、あの何とも言えない高揚感はPEAが原因なのです。

 

理性よりも気持ちが先にいってしまい、自然と食欲も落ちてくることもあります。
そうすると自然と痩せていきますね。

 

普段間食が多い人だと、脂質や糖分を抑えらることになるので、結果として胃腸への負担が減って代謝が良くなり、肌が綺麗になることに繋がっているかもしれません。

 

おまけにスリムにもなって一石二鳥ですね

 

・ドーパミン

恋をしていると、不思議と前向きな気持ちになることが多いと思いかもしれません。

 

いつもはインドア派でも、好きな人が行きそうなところに進んで行ってみたり、好きな人のためにと何か行動を起こしたりするかもしれません。
そのようなやる気を引き出しているのが、ドーパミンというホルモンです。

 

よく耳にするホルモンですが、恋をすることで活発に分泌されます。

 

恋愛に一直線になってしまうのも性欲が高まるのも、このドーパミンの多分泌の影響です。
きれいになる!と思い立って、スキンケアを念入りにおこなうかもしれませんね。

 

・セロトニン

このホルモンもよく耳にしますが、好きな人と愛し合うことで分泌されます。
リラックスし幸せな気分になります。

 

セロトニンが増えると、質の良い睡眠ができ、また新陳代謝が高まって美しいお肌が作られるのです。

 

・エストロゲン

女性なら皆知っている女性ホルモンであるエストロゲン。
恋をすると綺麗になる、と言われる一番の理由がエストロゲンの分泌なのです。

 

エストロゲンは女性らしさを作り上げているホルモンで、バストが大きくなったり、ウエストのくびれたり、肌や髪が美しくなったり、という効果もよく知られています。

 

日常においてもエストロゲンは分泌されていますが、恋をすることで活性化されるので、もし最近恋愛をしていないな、というときは、積極的に異性との出会いの場に行ってみるといいかもしれません。

 

まとめ

これまで説明してきたように、恋をして綺麗になるこのメカニズムを活用する事が、あなたのお肌を美しくする秘訣です。

 

今恋をしている人も、していない人も、いつまでも素敵な恋愛を継続していき、恋愛ホルモンが分泌されやすい状況をぜひ作り出してみて下さい。
恋愛というのは、お肌の美しさだけではなく、心も満たれるのでとても素敵な事です。

 

恋をしてお肌も心も綺麗で美しい女性になりましょう!