アルコール入りの化粧水はお肌に良くないとお考えの方は多いかもしれません。

 

しかしそれは本当なのでしょうか。

 

実際に売り場でも、ノンアルコールの化粧水が多く販売されていますよね。

 

なんとなくノンアルコールの方が良さそうだからと買っているのはもったいないです。

 

メリット、デメリットを確認して、自分のお肌にあった化粧水を使っていきましょう!

 

化粧品に含まれるアルコール、肌へのメリットとデメリット

 

そもそもなぜ化粧水にアルコールを入れるのでしょうか。まずはそのメリットからご説明します。

 

・メリット

アルコールには、お肌の抗菌や、消毒効果があります。
肌をきれいに保てるので、ニキビ用の化粧水に使われていることが多いです。

 

また防腐効果もあるので、従来より使用されてきたということもあります。

 

よく拭き取り用の化粧水にもアルコールが使われているものもあるのですが、それはアルコールには清浄効果も発揮するので、洗顔で落とし切れなかった古い老廃物や皮脂を除去してくれるのです。

 

そのおかげで、後から使う美容液や乳液の浸透をよくなります。

 

さらにアルコールの効果として、水や油には溶けにくい成分を均一に溶かして化粧水の中に混ぜこむことができます。

 

もしかすると、アルコールが入っていないものは、化粧水に含まれている成分がしっかり混ざらないので、その効果を十分に発揮できない、と言えるかもしれませんね。

 

・デメリット

アルコール化粧水のデメリットの大きなものとしてあげられるのは、肌に刺激がある、という点です。
アルコールにアレルギー反応がある人は刺激を感じてしまったり、ブツブツと皮膚に赤くでてしまう人もいます。

 

また肌が敏感になっていたり、乾燥などのトラブルがあると、そのような刺激や炎症が出てしまうことが多いようです。

 

別のデメリットとしては、アルコールは乾燥しやすいということです。

 

アルコールの持つ特性の一つとして揮発性がありますが、化粧水の水分を空気中に蒸発させてしまうだけではなく、お肌の中に溜め込まれている水分も一緒に蒸発させてしまうことがあるようです。

 

使いすぎや間違った使い方をすると、乾燥が促進されてしまいますので注意が必要です。

 

ノンアルコール化粧水の選び方

 

メリット、デメリットを説明しましたが、アルコールは必ずしも肌にとって有害な成分というわけではありません。
しかし、人によっては肌の刺激になる可能性が高くなってしまいます。。

 

ノーマル肌の人や脂性肌の人はアルコール化粧水を使っても問題ないと思いますが、敏感肌や肌が弱い方、乾燥しているお肌には向いていないのかもしれません。

 

ここで大切なのは、自分の肌質や肌の状態を見極めて化粧品を選ぶことなのです。
肌への刺激が少ないノンアルコール化粧水を使いたいときは、どんな化粧水を選んでいけばいいのでしょうか。

 

それはずばり無添加化粧水、そしてオーガニック化粧水です。

 

お肌に優しいということを考えると、刺激になるものが入っていない無添加なものやオーガニックのものになります。
そして、お肌に優しいものということを踏まえたうえで、保湿をしたいとかエイジングケアをしたいという個々の要望に沿った化粧水を探してみてください。

 

この様な流れであなたのお肌にあった化粧水を見つけましょう!

 

まとめ

アルコール入りの化粧水も、ノンアルコール化粧水も、それぞれに良いところがあり、どっちのほうがいいのかとは一概に言えないことがわかったと思います。

 

自分お肌の状態を見極めた上で、正しく使うことがとても大切なのです。

 

お肌の状態が良くないときは、ノンアルコールの無添加やオーガニックの化粧水で無理のないケアをおこなっていきましょうね!