季節の変わり目や気温が下がってくると、お肌の乾燥が気になりだしますよね。

 

カサカサになった肌にしっかりと水分を浸透させるのにオススメなのが、ローションパックです。
ローションパックって聞いたことはあるけど、まだやったことがないという人もいると思います。
ローションパックは手持ちの化粧品で今日からできて効果は抜群!みずみずしいお肌を目指しましょう!

 

お肌は年中乾燥気味・・・

 

・加齢
・紫外線ダメージ
・気候の変化

 

お肌が乾燥するのは寒い時期だけだと考えている人も多いと思います。

 

しかし私たちは日々お肌が乾燥する環境の中にいて、もしかしたら一年中乾燥しているかもしれないのです。

 

まず乾燥の原因の1つとして加齢があります。

 

角質細胞の隙間にあり水分をキープしているセラミドなどの細胞間脂質や、角質細胞内にある水分を抱え込む天然保湿因子は加齢とともに年々減ってしまっているのです。

 

なので、ある一定の年齢を過ぎてからは、誰でも乾燥しやすい状態にあるというわけです。

 

また紫外線でも乾燥を引き起こします。
お肌の表面には皮脂で出来た天然のバリアがありますが、これによって肌の水分を閉じ込めたり、外側からの刺激から守ってくれます。

 

ところが紫外線によってこの肌バリアが壊されてしますので、結果として肌の水分を維持していくことが出来なく、乾燥を引き起こします。

 

紫外線ケアは一年中必要となるのです。

 

もちろん気候の変化でもお肌は乾燥しています。
夏はテカりやすいですが、空気が乾燥すると必然的にお肌も乾燥してきますよね。

 

私たちは一年を通してお肌を乾燥から守らなくてはいけないのです。

 

 

ローションパックの効果

お肌を乾燥から守り、美肌に近づける方法として大変効果的なのがローションパックです。

 

ローションパックの効果について1つずつ説明していきますね。

 

まずは何と言っても乾燥が防げるということです。

 

ローションパックをすることで、お肌の奥の角質層にまで水分が十分にいきわたります。

 

お肌に水分が充てんされ、お肌がふっくらとしてモチモチしてきます。

 

また毛穴が目立たなくなるという効果もあります。

 

毛穴が開いてしまう原因は、必要異常な皮脂分泌やニキビ、乾燥などの影響で、肌の角質層がカラカラな状態になってしまうことです。

 

ローションパックをすることで肌の角質層の奥までしっかりと水分が浸透し、肌のターンオーバーが整ってきます。

 

なおかつ角質層の中もキメが整うので肌の水分保持力が高まり、毛穴の開きが小さくなるのです。

 

ローションパックをすることで、化粧水の次に使う美容液や乳液の効果をさらによくすることができるのもうれしい効果です。

 

角質層が水分でいっぱいになっていないと、美容液の効果は表れにくいと言われています。

 

お肌の水分量が高いと、その土台ができ上がるのです。

 

 

ローションパックのやり方

ここではローションパックのやり方を説明していきます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

必要なものはコットンと化粧水です。手持ちのもので大丈夫ですよ!

 

1  コットンに水道水を十分に含ませて、両手でしっかり押さえて水分を軽くとります。
   そのあとに、化粧水を少量垂らしてコットンをしっとりさせます。

 

コットンに直接化粧水だけをたっぷり含ませてもいいのですが、すぐに化粧水が減ってしまい経済的ではありません。
水道水を含んでも効果は変わりませんので、まずはコットンを水道水で湿らせましょう。

 

2  洗顔後すぐに化粧水を含ませたコットンを顔にのせます。
   お肌の乾燥は洗顔後から始まりますので、できるだけ早いほうがいいですね。

 

難しい場合は、化粧水を顔に軽くつけた後にコットンをのせましょう。
コットンはできる限りお肌全体にのせて、隙間がないようにするとなおいいです。

 

3  3〜4分後にコットンを取り、乳液やクリームをで保湿します。

 

コットンをおいておく時間は、長時間になると逆にお肌を傷つけます。
なぜなら長い時間お肌に置いておくと、コットンが乾燥して肌を傷つけてしまうのです。

 

時間は短時間でも十分効果があるので安心してください。

 

 

パックにオススメのアイテムとは?

使用するコットンはどんなものがいいのでしょうか。

 

コットンは何でもいいと考えがちですが、様々な種類のコットンがあります。
なるべく品質の高いコットンを選ぶのがいいですね。

 

さわり心地が柔らかく優しい、毛羽立ちが出にくい、数枚に裂けるタイプのものがより使いやすく、お肌にもうれしいです。
そして大きめのコットンの方が、少ない枚数で顔全体に広げやすくなりますよ。

 

化粧水に関してもできれば無添加やオーガニックのようなものがいいです。
ローションパックによって水分が奥まで浸透し、お肌の基礎力が高まるので、お肌に優しい成分を使ったものだとさらにパック後のお肌の状態が良くなります。

 

 

まとめ

ローションパックはお肌の土台を作るのにとっても有効だということがわかっていただけたと思います。

 

手持ちのもので簡単にできるのもうれしいですよね。

 

これからの乾燥が気になる時期もうるうるのお肌で周りと差をつけちゃいましょう!