日本酒には優れた美肌効果があると人気が高まっているのを聞いたことはありますか?

 

なんと、日本酒を化粧水の代わりに使うことで、美白の効果が期待できるというのです!
今回は、美白化粧水に変身してしまう、日本酒の驚きの活用方法についてお話します。

 

日本酒を飲むだけでなく、化粧水の代わりとして使い続けていると、少しずつ白く、もちもちとしたお肌になるそうです。

 

そのメカニズムを調べてみました!

 

 

【日本酒の成分から期待できる美白効果】

 

日本酒に含まれる主な成分に「米麹」があります。

 

実はこの「米麹」にはメラニンの生成を抑える効果があることがわかっています。
お酒を造る杜氏(とうじ)の手は白くなめらかであるということで化粧水にも活用されるようになりました。

 

お肌につけるとシミが薄くなったり、シミが出来にくくなったりする効果があり、日本酒がそのまま美白化粧水の役割を果たしてくれるというわけなのです。

 

また、日本酒にはアミノ酸も含まれています。

 

このアミノ酸がお肌に潤いを与える役割を果たし、お肌に艶がでてきたり、くすみを予防したりします。

 

使い続けることで透明感のあるお肌を作ることができるのです。

 

それだけでなく、日本酒にはアイチエイジングの効果も認められています。

 

お肌のハリを感じたり、シワが少なくなることも期待でき、お肌のキメが整ってきます。

 

そんな美肌効果が抜群の日本酒。

 

お値段はピンからキリまでありますが、化粧水として選ぶ際は安いもので大丈夫です。

 

ただし、余計な添加物が入っていないものを選ぶことが大切です。
コストパフォーマンスはとても良く、普通の化粧水とは違って保存料などの余計な成分が入っていないので、安心して使うことができます。

 

 

【日本酒を化粧水として使う方法】

 

使い方は、一般の化粧水とおなじように、肌がしっとりするまでお肌に付ける方法や、コットンや100均やドラッグストアにも売っているフェイスシートにたっぷりとしみ込ませ、パックする方法もおすすめです。

 

日本酒をつけ終えたら、いつも使っている美容液、乳液やクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

 

また、日本酒のベタつきが気になる場合は、次にいつも使っている化粧水をつけるのも良いでしょう。

 

ダブルで使うことで化粧水の効果を高めたり、拭き取り化粧水のように使えます。

 

日本酒だけでスキンケアを完了できれば、コスパも時間も理想的だと思いますが、どうしても日本酒だけでは保湿力には欠けてしまいます。

 

基本的には乳液などを一緒に使うのがおすすめですが、日本酒だけでスキンケアを完結したいという方は、一手間加えることでオールインワン化粧水にすることができるんです。

 

その方法は、日本酒に「精製水」と「グリセリン」を入れて混ぜるだけ。

 

どちらも薬局で簡単に手に入るアイテムですが、これらをプラスすれば保湿力がぐぐっとアップして、しっとり感を得ることができますよ。

 

 

【日本酒の相乗効果とニオイが気になる時】

 

お顔のほかにも、全身の美白と美肌の効果を手に入れたいという場合の方法があります。

 

それは、お風呂に日本酒を入れて入浴することです。

 

日本酒を入れると香りも良く、身体がしっかりと温まります。
更に、お風呂から上がった後、しばらくしてから適量の日本酒を飲むことで、身体の中からも温めることができます。

 

日本酒のを外と内からダブルで温浴効果を得ることができますよ。

 

 

ただし、アルコールが飲めない方や、日本酒特有のニオイが気になるという方の場合は、日本酒を少し加熱することでアルコール分を飛ばすことができます。

 

すると、日本酒の香りを少なくすることができますので試してみてくださいね。

 

アルコールが苦手だけど、日本酒の美容効果に触れてみたいという場合は、市販の化粧水の中にも日本酒由来の成分が配合されているのものあります。探してみてくださいね。

 

日本酒だけでは少し刺激が強いと感じられた方は、刺激を感じなくなるまで様子を見ながら精製水で薄めて使いましょう。

 

薄めた日本酒が残ってしまった場合には、冷蔵庫で保存も可能ですが、水分を腐らせないよう2、3日で使い切るようにしましょう。

 

もし薄めてもまだ刺激を感じるという時は、日本酒がお肌に合わない可能性もありますのでお気をつけ下さい。

 

安価で手軽な日本酒美容法、ぜひトライしてみてくださいね!