オーガニックコスメといえば、最近日本でも注目されている商品です。

 

なんとなくこの名前を聞いただけで、“有害な成分が含まれていない”、“安全性が高い”、“肌に優しい”など良いイメージを持たれがちです。しかし必ずしもそうではありません。

 

今回はそのよう方のために、オーガニックコスメに関する基礎情報と安全に選ぶポインとをいくつかご紹介します。

 

オーガニックコスメって何?

 

そもそもオーガニックコスメとは、有機栽培で作られた原料からできた化粧品を指します。
海外ではこのようなオーガニックコスメを認定する団体がいくつかあります。

 

日本では、まだオーガニックな原料が少ないこともあり、現状存在していません。
そのため日本ではオーガニックコスメに対する意識が他の先進国に比べてやや低いこともあります。

 

国際的な団体においても、含まれる合成成分の許容量は各団体により規定の基準が違うので、国際的に統一された基準はないということになります。

 

 

オーガニックコスメの特長

 

オーガニックコスメの特長は、成分の良さだと言えます。
化学薬品などを使わず、有機栽培により育てられた原料からできた商品でだから、肌に優しく、自然に浸透しやすいです。

 

肌がもともと持っている自然の治癒力を高め、肌本来の力を引き出すことができます。一方で、デメリットとしては有機栽培で作られる原料は、化学成分のように大量生産ができません。

 

そのため商品単価が高くなることが多いです。そしてオーガニックコスメだからといって、全ての方の肌にあうとは限りません。

 

特にオーガニックコスメは海外製であることが多いので注意して使うようにしましょう。

 

 

 

自然派、無添加とオーガニックの違い

 

そしてオーガニックコスメと並んで良く聞くのが、自然派コスメ、無添加コスメなどではないでしょうか?

 

これらの違いについてあまり意識して選んでいないかもしれませんが、実は全く違う意味があります。 オーガニックコスメは先ほどご説明したように、原料が有機栽培により作られた化粧品です。

 

一方で自然派コスメは、植物由来とも言われ、天然植物性の成分が配合されています。
主に植物から抽出されたエキスなどが多くなっています。厳密な植物性原料の種類や配合量など規定はないので、多くの商品が含まれていることになります。

 

そして無添加コスメは、厚生労働省によりアレルギーの危険性が認められた102種類の化粧品表示指定成分を含んでいない商品です。

 

しかし無添加だかといって100%合成成分が含まれていないというわけではありません。これら以外の化学成分が含まれていることもあるので注意が必要です。

 

 

オーガニックコスメの選ぶポイント

 

このようにオーガニックコスメは人の肌には良い面があるので、お肌の健康を保ちながら良い状態をキープするのに有効なアイテムであると言えるでしょう。

 

しかし、必ずしも“オーガニックコスメ”という表示だけで、安全性が高いと決めつけないようにしましょう。

 

そして良いオーガニックコスメを選ぶには、次のようなポイントがあります。
一つ目は日本以外には多くのオーガニックコスメ認定団体があります。

 

どのような団体から認定を受けているか、ラベルマークを確認しましょう。
二つ目は、オーガニック原料の種類や割合を確認することです。

 

100%オーガニック原料配合と50%オーガニック原料配合ではかなり違いがあるはずです。三つ目は、その他の化合成分が配合されていないか確認することです。

 

防腐剤、合成界面活性剤、着色料、鉱物油などが含まれていなかチェックしておきましょう。実際の表示名には個別の成分の名前が記載されていることもあるのでよく注意して選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

このようにオーガニックコスメは、肌にとっては良い面が多く、美容や健康にも有効な商品です。オーガニックコスメの安全面に配慮しながら商品選びをすることが大切です